メンバー

どんな人たち?

スタッフ


大橋 一晴(おおはし かずはる)

講師

kohashi (at) biol.tsukuba.ac.jp 

  • 送粉者の認知能力が花の表現型進化におよぼす影響
  • 花形質の組合せが送粉者の行動変化をつうじて雄/雌適応度にもたらす帰結
  • 多対多の生物間相互作用系における花の表現型進化

博士前期2年   研究テーマ

大久保 美祈         花弁サイズや色特性のちがいは花標の誘導効果をどのように変化させるか?

 

高木 健太郎         植物種の空間配置や生育密度にともなうマルハナバチの定花性の変化とそのメカニズム

 

Miyazaki, Saori   マルハナバチの誘引をめぐる花間の競争と促進における色と香りの役割

 

山口 真利枝          送粉者の体表からの異種花粉の「上陸」をふせぐ花形質の探索

4年生       研究テーマ

穴澤 颯太           視覚融合と花弁の色特性が花序ディスプレイの遠方からの検出におよぼす影響

 

田中 歩              多種多様なポリネーターへの一般化における密集花序の適応的意義

他大学           研究テーマ

ジルガル 仁奈*        花の咲く向きと対称性がマルハナバチの吸蜜姿勢の安定性におよぼす影響

 *Exchange student from University of Manchester

卒業生           研究テーマ(記載内容は継続中の共同研究)

河村 幸音      花色変化植物における花弁の色特性とポリネーターに対する誘引効果の関係

 

寺田 昂平             持ち運ぶ花粉の種組成から見た送粉者としての訪花昆虫の評価

 

上原 麻衣花          花の色と密度がマルハナバチによる視覚検出におよぼす影響

 

寺田 昂平             持ち運ぶ花粉の種組成から見た送粉者としての訪花昆虫の評価

早く着きたければ ひとりで行け。

遠くに行きたければ みんなで行け。

 

– アフリカのことわざ